露出防水・断熱・遮熱によって、建物を省エネ化する屋上防水「サーモコントロール断熱」

サーモコントロール断熱は、屋上の露出防水に断熱機能・遮熱機能を持たせた、建物の省エネに効果的な工法です。省エネ効果だけでなく、建物自体へも優れた効果を発揮します。

断熱材と高反射塗料の効果により得られる3つのメリット

  • 1. 高い省エネ効果

    熱の流入・流出が少なくなるため、エアコンなどで消費するエネルギーが少なくなります。
    >> 省エネ効果について詳しくはこちら

  • 2. 防水層の寿命の安定

    高反射塗料が赤外線を反射し熱の発生を抑えます。屋上に熱が溜まりにくくなるので、防水層の延命が安定します。

  • 3. コンクリートの温度安定

    断熱材が、コンクリートの温度変化を抑えるため、熱膨張・収縮が起こりにくくなり、耐久性が向上します。

断熱とは?

「断熱」とは、“ 熱を伝えにくい素材で対象を覆うことで、熱の伝導を妨げる技術”です。断熱材のある部位で熱の行き来が制限されるため、外気温の影響が少なくなり、また室内冷暖房の熱が流出するのを防ぐ効果があります。

遮熱とは?

「遮熱」とは、太陽光を遮る素材で対象を覆い、ふく射熱(太陽光が物に当たる際に発生する熱エネルギー)の発生を抑える技術です。屋上防水においては高反射塗料で防水表面をコーティングすることで、防水層の表面で太陽光を反射してふく射熱発生を抑えます。

事例紹介(改修)


  • 1. 立上り防水層撤去

  • 2. 断熱材施工

  • 3. 改質アスファルトシート防水
      (ガムクール)施工

  • 4. 高反射塗料
      (SP サーモコート)塗布

  • 5. 完成
  • ※防水仕様:改質アスファルトシート防水
      防水:常温自着工法(ガムクール防水 CAS-200M)
      ご利用可能な工法一覧はこちら

一般的な露出防水とサーモコントロール断熱の比較

サーモコントロール断熱は漏水から建物を守るという防水層の基本性能に、
屋上の温熱環境を整える環境性能をプラスします。